最近シミが気になる・しわも増えてきたなんて思っていませんか?気づいた時点でお手入れをしないと見た目が老けていくので注意してくださいね。当サイトは自宅で簡単にできるシミ消し方法を皆様にご紹介していきます。

鏡をみて、肌を気にする女性
  • ホーム
  • 女性の肌は生理前になると敏感になる

女性の肌は生理前になると敏感になる

女性の肌は、生理前になると敏感になる傾向にあります。
生理前は黄体期とも呼ばれ黄体ホルモンが活発に分泌される時期ですが、卵胞ホルモンよりも黄体ホルモンの分泌が上回ると肌トラブルが起こりやすくなるといわれています。

具体的な肌トラブルはニキビやくすみといった症状が多い傾向にありますが、肌が敏感になりがちになるため生理前に使える専用の化粧品なども販売されています。
黄体ホルモンが優位になると皮脂の分泌量が増えるため、ニキビができやすくなったり肌のくすみが起こることがあります。

一般的に女性の肌は28日周期と言われており、人によって数日の差はあるもののこの期間で生まれ変わります。
前半は卵胞ホルモンが多く分泌され、中間で排卵が起こった後黄体ホルモンが優位になります。

黄体ホルモンが優位になり生理直前になると肌が敏感になる女性は多く、皮脂の分泌量が増えるため毛穴が詰まりやすくなるケースもあります。
こうした症状はすべての女性に起こるわけではなく、個人差が大きい症状でもあります。
生理前の肌の不調は肌の赤みやかゆみ、毛穴の詰まりなどニキビ以外にも出るケースがあります。

生理前になると毎回肌が荒れる人も少なくありません。
そのため、ホルモンバランスを整えることが生理前のにきびや肌荒れの予防には重要という考えから、食生活を改善したり生活習慣を整える方が増加傾向にあります。
生活習慣はホルモンバランスと大きくかかわっており、生理前の敏感肌やニキビ、くすみなどの肌トラブルを改善させることが出来るケースがあります。

生理前の肌トラブルは化粧品や薬などに頼ることもできますが、それはあくまでも対処療法的なケアとなります。
肌本来の力を引き出し、美しく保つためには肌トラブルに強い肌を内側から作ることが重要です。
生理前に揺らぐことのない肌にするためにはホルモンバランスを整えることを意識した生活習慣がポイントとなり、食生活でも改善することが出来ると考えられています。

生理前の肌荒れ防止には大豆イソフラボンがいい

女性ホルモンに類似した物質が配合されていることから話題の大豆イソフラボンは、更年期障害の改善に良いといわれていますが、生理前の肌荒れの改善にも役立つことが知られています。
大豆イソフラボンは大豆に含まれるイソフラボンという成分で、不足したりバランスが崩れた女性ホルモンのバランスを整えることがわかっています。

ホルモンバランスが崩れると生理前でなくても肌トラブルが起こることがありますが、特に生理前はホルモンの分泌量の変動が激しい時期ですので皮脂の分泌量も増加し、ニキビやくすみが起こりやすくなります。
その症状を緩和できるのが大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンはサプリメントが販売されていますので、安定した質と量を摂取することを考えるのであればサプリメントから摂取する方法があります。
大豆イソフラボンが配合されたサプリメントには、その他美肌効果の高い成分が配合された女性に嬉しい製品もあります。
そうしたサプリメントを毎日服用することで自然とホルモンバランスが整い、肌の状態を改善してくれる可能性があります。

サプリメントではなく、食品から摂取したいという方には豆腐や豆乳、湯葉や納豆、煮豆といった大豆製品を積極的に摂取する方法もあります。
毎日同じ食材では飽きてしまうという方は、これらの食材をつかって様々な調理法を試すことで飽きずに毎日安定した量を摂取することが出来ます。

大豆イソフラボンを摂取するようになって肌の調子が良くなったという声は多く寄せられており、ホルモンバランスが整うことによる作用と考えられています。
どの程度の量を摂取すると良いかは人によって個人差がありますが、薬と異なり副作用が少ないのも魅力です。